「長澤作品で学ぶ音楽講座」では、長澤勝俊作曲の邦楽器のための作品を学んだり、また邦楽合奏に必要となる音楽の基本を学ぶための様々な企画・制作を行っています。

 

 

企画・制作

オフィス・トマベチ

 

監修

苫米地英一

 

苫米地英一/プロフィール

 日本音楽集団指揮者として数多くの長澤勝俊作品の演奏に携わり、これまでに邦楽創造集団オーラJを始め、彩の国邦楽合奏団「宙」、相模原邦楽アンサンブル、徳島邦楽集団、全国邦楽合奏フェスティバル他、様々な邦楽合奏団等を指揮・指導している。また各種コンクールの審査員等も務めている他、作曲家としても様々な邦楽作品を作曲している。

 オペラ指揮者としても、ヴェルディ生誕の地イタリア・ブッセート歌劇場で《アイーダ》を指揮した他、これまでにマジェンタ歌劇場《リゴレット》、フィオレンツォーラ歌劇場《アイーダ》を始め、イタリア各地で《ナブッコ》《ラ・ボエーム》《道化師》《愛の妙薬》等のオペラやコンサートを指揮。日本国内でも《オテロ》《トロヴァトーレ》《マクベス》《トゥーランドット》《ノルマ》等20作品以上のイタリアオペラを指揮。

 第5回ルイージ・マンチネッリ国際オペラ指揮者コンクール(イタリア)ファイナリスト。ヴェルディ・プロジェクト・ジャパンを主宰し、日本初となる最新の研究によるヴェルディの全オペラ28作品の連続演奏シリーズを企画。2021年秋には『ラ・トラヴィアータ 誕生の秘密』を出版予定。著書に『ヴェルディ・レクイエム 誕生の秘密』(一粒書房)。『ヴィオレッタ・メソード』編纂。日本ヴェルディ協会理事。東京学芸大学卒業。